生きていくためには呼吸が必要です。

健康のため毎日運動を忘れないでください
健康のため毎日運動を忘れないでください

腹式呼吸をマスターして健康的に便秘を防ぐ

生きていくためには呼吸が必要です。呼吸は基本的には意識しながら行うことはありません。意識しないとできないようだと寝ているときなどにできなくなります。生まれたときから自然に呼吸はできるようになっています。ただし正しい呼吸ができているかどうかは別です。通常は呼吸は鼻で行いますが今は口で行う人が多くなっているとされています。口で呼吸を行うと空気中の雑菌などを吸い込みやすくなり、ウイルスなどに感染する可能性も多くなります。

また健康的な呼吸方法を行うことで便秘を防げる場合があります。意識をしない呼吸の場合は特におなかの方に力を入れることはありません。腹式呼吸を行うことでおなかに刺激を与えることができます。方法はまず鼻から息をどんどん吸い込みます。このときにはおなかをどんどん膨らませるイメージで息を入れていきます。

息を吐くときは少しずつはいていきます。吸い込むのは一瞬ですが、それをはくときは30秒から1分ぐらいかけて少しずつはくようにします。すると自然におなかに力が入るようになります。リラックスなどをするときにこの方法を取ることがありますが、腹式呼吸をすることでおなか周りの調子がよくなります。排便が促されて便秘解消につなげられます。


Copyright(c) 2017 健康のため毎日運動を忘れないでください All Rights Reserved.