一般的に人間の身体能力は、年齢が上がるにつれて衰えていくと考えられがちです。

健康のため毎日運動を忘れないでください
健康のため毎日運動を忘れないでください

高齢になっても健康のためにできるスポーツ

一般的に人間の身体能力は、年齢が上がるにつれて衰えていくと考えられがちです。確かにそういいう側面もありますが、例えば最大心拍数に関しては、20歳前後では200拍ぐらいまで上がるのですが、そのあとは年齢と共に減っていきます。その一方で年齢を重ねてもある程度は取り戻せるもの、あるいはほとんど衰えが見られないものもあります。取り戻せる物の一つに筋力があります。人間の身体の筋肉量は意識的に運動しなければ、20歳ぐらいから年々減っていくのですが、トレーニング次第では40代はおろか60代や70代でも筋肉を肥大させられます。そのためには継続したトレーニングは欠かせませんので継続するということが必要になります。

そしてほとんどを衰え見られないものが、技術力になります。子供の頃におぼえた自転車の運転などは、高齢になって久しぶりにやっても体が覚えています。こういったスキルは水泳などもそうですから、高齢になっても健康のために運動をするという意識のある人では、やってみることがおすすめになります。いくつになってもあきらめることなく始めることができるスポーツというのは、健康を維持するためにも必要ですし、何よりも精神的な安定が望めることからも素晴らしいことになります。


Copyright(c) 2017 健康のため毎日運動を忘れないでください All Rights Reserved.